>  > 自分でも分かっているからこそ、短期決戦

自分でも分かっているからこそ、短期決戦

自分自身のことくらい、自分が良く分かっています。体力があんまりないので、いくら美人やテクニシャンが相手でもそうそう何発も楽しめないってことくらい、自覚がありますので風俗ではいつも短期決戦が多いですね。長時間のプレイだと相手との時間を楽しみつつ、やっぱり二回戦、三回戦と楽しむものじゃないですか。でもそれはかなりタフだからこそ出来ることであって、自bンのようにあんまり体力の名に男には難しいんじゃないのかなって思うんですよ。それに下手にチャレンジして結局出すことが出来なかったら、一度でやめておけば爽快感の中でバイバイ出来るのに、中途半端な気持ちになってしまうかもしれないじゃないですか。それならリスクを取らずに一発だけで済ませておいた方が良いんじゃないのかなって思うようになったんですよね。身の程くらいは自分でも弁えていますので、風俗で遊ぶなら一発。それなら短時間で十分なんじゃないのかなって思うんです。

確かにシチュエーションは結構大切だと思った

どんなシチュエーションで風俗で遊ぶのかによって満足感は大きく変わるなって思うようになったのは、かなり昔なんですけど仕事に追われている時に風俗に現実逃避したんです。でも、結局女の子がいろいろなことをしてくれているのに仕事のことばかり考えてしまって現実逃避どころか、むしろ自己嫌悪に陥ってしまったんですよ。その時の反省がありますので、これはもうダメだなと。風俗で遊ぶのであれば自分が何も問題なく、風俗だけに集中出来るシチュエーションで遊ぼうって思うようになったんですよ。それ以来、風俗はシチュエーション、タイミングにこそこだわるようになりました。自分の状態がそこまでじゃない時に無理して遊んで、せっかく女の子が頑張ってくれているのに集中力が散漫になってしまうのも嫌じゃないですか。自分自身が小心者ということもあって、どうしてもそういったことを気にしてしまいがちなので、風俗はシチュエーションもこだわっています。

[ 2018-03-18 ]

カテゴリ: 風俗体験談